【神奈川】喫茶ノバナ*猫のいる家庭的な雰囲気のお店

◆スマホでご覧の方へ。以下の画像全ては、親指と人差指で画像を広げると、拡大表示することが出来ます。

喫茶ノバナの外観

 最近、平均所得が高めの居住区で治安がよい、健康長寿の人が多いと話題になっている横浜市青葉区にある「喫茶ノバナ」さんにお邪魔してきました。

 

f:id:setochiyostyle:20180714120654j:plain

 住宅地の中にあると聞いていたので見つけにくいだろうと覚悟はしていたのですが、道路側から見ると、建物に看板があるスタイルではなく、階段の横に看板があって、そこを登った上にお店があるというスタイルで、なかなかの難易度だと思いました。

 この感じだと、うっかり屋さんの私が疲れている時に探していたら、単なる階段だと思って見落としていたかも…という不安がよぎりました。ですが、この、道から建物が見えない、何とも言えない隠れ家感が、逆に味わい深くも思えたりして。

 

f:id:setochiyostyle:20180714120705j:plain

 階段下に置いてある看板はこんな感じです。「ネコ おり」と書いてあるのは、店主の飼い猫ちゃんが、お店の中をお散歩していますよ、という意味です。猫ちゃんの機嫌が良ければ、遊んでもらえるので、ある意味では猫カフェとも言えるかもしれません。

 そして階段を登ってみると、

 

f:id:setochiyostyle:20180714120712j:plain

うは!また、若干の階段…本当にここで合ってるの?違えて知らないおウチを訪ねてしまったらどうしよう?という不安がよぎりました。でも、だんだんジブリっぽい雰囲気になってきたから合っているような気がする…と思いつつ、歩を進めると、

 

f:id:setochiyostyle:20180714120724j:plain

あったーっ!

と、喜んでみたものの、のれんに店名がない。「え、入り口はここで合ってる?ま、いいか。」と扉を開けようと押したり引いたりしてみましたが、開かない。「あれ?鍵がかかってるってことは、よそのおウチの入り口と間違えてる?」と思って、あせっていると、単純に引き戸でスライドさせないと開かないだけでした(´・ω・`) 早く教えてよ! と、心の中で謎の自分ツッコミを入れてしまいました。

 

喫茶ノバナの店内

f:id:setochiyostyle:20180714120737j:plain

引き戸を入ると、正面はこんな感じです。自宅の一角をお店にして営業しているので子供の靴が見え隠れしていたりして、本当に家庭的な雰囲気です。

 

f:id:setochiyostyle:20180714120751j:plain

玄関を入って左側にはこのようなホウズキのオブジェがあり、とても素敵です。

 

f:id:setochiyostyle:20180714120834j:plain

また、玄関をまっすぐ奥に進んでいくと懐かしのダイヤル電話があります。黒電話ではなく、赤電話なのがまたオシャレですね。

 

f:id:setochiyostyle:20180714120808j:plain

そして、正面の扉の左側には、店主が好きで集めていたっぽい雑貨が飾ってあります。雑貨好きの人には楽しい空間かもしれませんね。

 

f:id:setochiyostyle:20180714120958j:plain

 さて、玄関を入って右側は畳敷きのフロアです。こちらのお店は靴を脱いで上がってもらうスタイルで、本当に自宅に遊びに来た友達をもてなすような雰囲気の営業スタイルです。ご覧の通り、左側には床の間があるのですが、

 

f:id:setochiyostyle:20180714121012j:plain

床の間も過度に和風ではなく、堅苦しい、敷居が高いと感じないような雰囲気作りがしてあります。ちょっとセンスの良い主婦が気軽に飾り付けたような暖かく居心地の良い空間が素敵です。

 

f:id:setochiyostyle:20180714121036j:plain

こちらは、床の間の向かいの空間です。お庭の緑がきれいで、心が洗われます。

 

f:id:setochiyostyle:20180714121053j:plain

さて、玄関を入って左側の空間はこんな感じの3人席です。もしかしたら椅子を足して4人席にできるかもしれないので店主に聞いてみてください。

 

f:id:setochiyostyle:20180714121109j:plain

本棚はこんな感じです。本棚の塗装は店主が施したそう。初期費用節約のために壁も店主と家族で塗ったそうですし、お庭も店主が造園したそう。店主のDIY能力は圧巻ですね。

 

f:id:setochiyostyle:20180714121131j:plain

 そして、テーブルの上には、店名の「ノバナ(野花)」にピッタリな野の花がそっと生けてあり、さりげない心配りを感じます。たとえ一輪挿しでも、どんなお花でも、やはり生花が生けてあるお店というのは気分が落ち着きますね。

 

喫茶ノバナの食事メニュー

f:id:setochiyostyle:20180714121219j:plain

私はアフタヌーンティーセットを注文したのですが、このように配膳されました。

 

f:id:setochiyostyle:20180714121240j:plain

ケーキスタンドに寄ってみると、こんな感じです。一番上にあるはずのデザートは、温度管理の関係上、別のお皿で後ほど配膳されます。

 

f:id:setochiyostyle:20180714121253j:plain

スコーンは少し小さめで、こんなふうに、もこもこで、とてもかわいらしい形です。

 

f:id:setochiyostyle:20180714121303j:plain

ブルーベリージャムと生クリームが添えてあったので、一緒にいただきました。デザートの写真を取るのを忘れたので、また今度行った時に撮影して追加しますね。

 

f:id:setochiyostyle:20180714121313j:plain

ちなみに、一人飯でいらっしゃる方は本棚に本が沢山ありますし、ナウシカが全巻置いてあるので、まだ読んでいない人は是非、こちらのお店で読破していただきたいという個人的な願望も書いておきます。あは。

 

ちょっぴり猫カフェの要素もあり

f:id:koenjilala:20180714134939j:plain

 喫茶ノバナでは「だいちゃん」という猫ちゃんが気まぐれにお散歩をしています。いないなぁと思うと、どこかの椅子の下で寝ていたりします。お腹が空いたら店主におねだりをしに行ったり、気になったお客さんがいると足元に来てすりすりしたりしてくれます。

 とっても、おっとりした穏やかな子で走ったり飛び跳ねたりする様子は全くありませんでした。ちなみに私の足元に来てくれて、すりすりしてくれました。あまりに可愛いので、なでなでしようと手を伸ばしても逃げないで、好きに撫でさせてくれました。ご機嫌次第なのかもしれませんが、猫にしては人懐っこいほうだと思いました。

 猫好きだけど自宅で猫を飼えなくて寂しいという方にもおすすめのカフェです。

 

 店主の方針は「親戚のお家に遊びに来たような感覚で、ゆっくりのんびり過ごして帰って欲しい。」とのことでした。

 ただ個人経営のお店はどこも経営が厳しい状態ですので、私としてはできれば飲み物だけではなく食べ物も頼んであげてほしいなと思います。

 こんな居心地のいい落ち着いた場を提供してくれるお店に、できるだけ協力したいなと思った次第です。 お近くの方は ぜひぜひ 遊びに行ってみてください。

 

◆要注意!

月・火・木・金 11:00~16:00の営業で、

不定期に休店するので、

営業時間を、確認してから行ったほうが安全です。

 

〒227-0061

神奈川県横浜市青葉区桜台24-15

☎045-985-9377

最寄駅;東急田園都市線 青葉台 徒歩15分

バス停;桜台ヴィレッジ前 徒歩2分

 

■詳しくはこちらのホームページでご確認ください。